コンビニのアルバイトは、仕事がマルチにおよび以外と大変。また応募の際は、混雑する店舗かどうかの見極めも大事。

学生アルバイトの目的について
学生アルバイトの目的について

コンビニでのアルバイトについて

コンビニエンスストアは今や全国どこにでもあり、便利でとても身近な存在になりました。アルバイトの募集を見かけることも多く、バイトがはじめても学生さんなども挑戦しやすい分野なのではないでしょうか。しかし、なんとなく楽そうに見えて、コンビニの仕事はじつは以外と大変です。さまざまにわたって仕事があり、マルチな対応をしなければならないのです。

レジではお金の精算だけではなく、宅急便の受け付けや、チケットの印刷、切手やタバコの販売もします。またおでんや肉まんなどの簡単な調理も同時進行で行うことになります。店内での品出しや、期限切れの食品の整理、清掃ごみ捨て、そして慣れてくると品物の発注もまかされることになります。覚えることが多く、また接客もしながらですので、はじめは焦りっぱなしかもしれません。混雑時などはスピードも求められるからです。

混みやすい店舗というのがあり、特に駅前はその傾向が強いです。電車で下車した人たちが一斉に買い物にくるため、行列が定期的にやってきます。大変ですが、さばき終わった後は爽快です。いつも空いている店舗でのんびり店番というのもいいでしょうが、暇すぎるとかえって苦痛だったりします。混雑するお店は忙しさであっという間に時間が過ぎるため、案外良いのかもしれません。自分に合った店舗を見極めてから、アルバイトすることをオススメします。最初は大変かもしれませんが、慣れてしまえばきっと大丈夫です。

注目情報