学生時代にアルバイトをしておくと将来役に立ちます。いろんな仕事を経験することでスキルアップすることが可能です。

学生アルバイトの目的について
学生アルバイトの目的について

アルバイトをして社会経験を積む

数年前、大学に通いながらいろんな種類のアルバイトを経験しました。高校時代は部活に熱中していたのでアルバイトをしたことがありませんでした。大学を卒業したら社会人になるので、いろんな仕事を経験しておきたかったのです。最初はコンビニや居酒屋などで働いていましたが、サラリーマンのような仕事をしてみたかったので事務所で働けるアルバイトを探しました。インターネットの求人サイトを利用すれば、いろんな職種がすぐに見つかります。応募して雇ってもらった仕事はテレホンアポインターでした。

テレホンアポインターは電話で営業する仕事です。企業が取り扱っている商品や商材を電話で案内して、契約に繋げるためのアポイントを取るのが仕事です。成果に応じて時給がアップする仕組みだったので、頑張った分だけたくさん稼げるアルバイトです。最初はかなり苦戦しました。言葉遣いや常識が身についていなかったので、数字をアップさせるには時間が掛かりました。徐々に仕事に慣れてきて成果が上がるようになり、コール営業のスキルを少しだけ身につけることが出来たと思います。当時の経験が今現在役に立っています。学生の方はなるべく多くのアルバイトをして経験を積んだ方が良いと思います。